東京本紙・外山 攻め一直線

【東京本紙・外山の京成杯】

公開日:2020年1月18日 17:00 更新日:2020年1月18日 17:00

前走は最速の上りで後続を千切った

 9年連続で中山経験馬が圏内に絡んでいる。
 
 今年のメンバーでは5頭。中でも、当該舞台でハイパフォーマンスを見せてきたのが◎ゼノヴァースだ。
 
 暮れの中山開催では開幕週の葉牡丹賞で同じ二千メートルで1分58秒9のレコードが。その快記録には劣るものの、自身の未勝利勝ちの2分…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間