データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

消耗戦のジャパンCで先行②着 カレンブーケドールを高評価

公開日:2019年11月26日 17:00 更新日:2019年11月26日 17:00

 上がり3F「37秒2」の大激闘。創設39回目にして初めて外国馬の参戦がなかったが、今年のジャパンCはレースとして非常に見応えがあった。

 昨年はキセキが引っ張り、途中から“肉を切らせて……”のラップを刻んだ。5F目から11F目(残り200メートルまで)が11秒台である。ちなみに、前半5F通過は59秒9だった。

 では、今年はどうか。金曜から土曜まで雨が降り続き、日曜は不良スタート。午後2時15分ごろに重馬場に回復したものの、とにかく内は悪く見える。馬の蹴り上げる黒い土がいっぱい上がっていたほどだ。

 それでいて、前半5Fは60秒3。スーパーレコードが出た昨年より0秒4遅いだけだから、明らかな消耗戦。勝ったスワーヴリチャードは速い上がりに欠く半面、持久力はメンバー屈指だ。内にこだわったマーフィーの騎乗も見事だった。

 そういうラップだけに、最上位の評価はやはり先行して②着のカレンブーケドールだ。逃げたダイワキャグニー、2番手グループのダンビュライト、エタリオウが失速する中で、3歳牝馬とは思えない正攻法の競馬。これでオークス、秋華賞に続いて3度目のGⅠ②着で、あとは“運”だけか。

 驚いたのはマカヒキの後方ポツンからの④着好走。これは瞬発力を求められる馬場にならなかったのが好走の要因か。

 また、1番人気レイデオロは⑪着。馬場を気にしたにせよ、見せ場もなく、ちょっと負け過ぎだ。もしかするとピークを過ぎてしまったのかもしれない。

 さて、先週は雨の影響により、ダートでの超ハイペースのレースが目立った。

 まずは土曜8R、2勝クラスの千六だ。スタートでワンテンポ遅れた藤田菜七子スズカアーチストがハナを主張。だが、テンに少し他馬と競ったこともあり、ハイラップを刻むことに。前半3Fは33秒8、5Fは57秒3で、6F1分9秒6。短距離戦のラップでは最後に甘くなって1秒差⑧着も仕方がない。

 過去の2勝は千四で、中山なら千二。それも今回のラップから対応できるとみる。

 この流れに2番手にいたのがグレートウォリアー。1年3カ月以上の休み明け、初ダート、超ハイラップの前に⑫着と沈んだ。ただし、残り200メートルまでは頑張っていた。次は本来の芝か、それとも脚元の関係でダートなのか判然としないが、3歳春の大寒桜賞②着時の③着馬はメールドグラースだから、2勝クラスでは力が違うはずである。

 日曜9Rシャングリラ賞を勝ったペイシャネガノも衝撃的だった。

 乗り替わったM・デムーロがハナへ誘導。2勝クラスの千四で5F58秒9はこの馬場なら平均ペースと考えるが、上がり3F34秒5では後ろの馬はなすすべなし。

 ②着には3馬身半差。この強さは昇級しても狙う価値がある。

武田昌已

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間