勝羽の見解

【小倉本紙・勝羽の愛知杯】

公開日:2020年1月17日 17:00 更新日:2020年1月17日 17:00

近年の出世レース紫苑Sを勝利

 今年の愛知杯は小倉が舞台。芝の張り替えも行われ、より器用な立ち回りが要求される。

 それなら◎はパッシングスルーでいい。

 3歳の後半戦を振り返れば福島、中山の二千で2連勝。特に、2走前の紫苑Sは15頭立ての大外枠。開幕週では楽といえない条件下で3番手の外めから押し切った…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

勝羽太郎

勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間