【クイーンS】アドマイヤジャスタに続いてレッドアネモスも ここにきて実った吉田隼が栗東滞在で築いた有力厩舎との太いパイプ

【クイーンS】アドマイヤジャスタに続いてレッドアネモスも ここにきて実った吉田隼が栗東滞在で築いた有力厩舎との太いパイプ  クイーンSは11番人気の伏兵レッドアネモスがV。大激戦を制して初の重賞タイトルを掴んだ。②着は同じ4歳馬のビーチサンバで友道厩舎のワン・ツーだった。  レースは藤田のナルハヤが果敢に飛ばして、前半3~5F34秒8―46秒3―58秒2のハイペースで進んだ。イン有利の馬場コンディションも相まって、直線はコース取りを巡る激しい攻防が繰り広げられた。  イン突きを狙った1番人気のスカーレットカラーがさばくのに手間取るのを尻目に、馬混みからスパッと抜けてきたのがレッド。大外から猛追してきたビーチサンバを4分の… (続きを読む)

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間