【菊花賞】乱菊のキーワードは母の父キングヘイローだ

【菊花賞】乱菊のキーワードは母の父キングヘイローだ  今年はまさに“乱菊”の様相。3冠最終戦に皐月賞馬、ダービー馬の名前がないうえに、前哨戦のセントライト記念、神戸新聞杯ともに1番人気馬が馬券圏外に消えたからだ。では、“乱菊”のキーワードは何か。ここで注目したのは今年の血統のトレンド。「母の父キングヘイロー」だ。  キングヘイローは98年の菊花賞⑤着馬。3冠レースを皆勤したが、翌春はマイルから中距離にスライドし、東京新聞杯、中山記念を連勝。秋にはさらに距離を短縮し、当時は12月に行われていたスプリンターズSで③着に好走。さらに5歳時には高松宮記念を制してみせた… (続きを読む)

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間