【レパードS】4連勝だ! サトノギャロス陣営を直撃

公開日:2019年7月30日 17:00 更新日:2019年7月30日 17:00

 レパードSではサトノギャロスに注目だ。3カ月ぶりの未勝利は逃げて3馬身半差、続く五百万は2番手から5馬身差をつける圧勝劇。次に予定していたユニコーンSはまさかの禁止薬物騒動で競走除外になってしまった。しかし、翌週の清里特別に向かって、8→9→10番手から見事に差し切り。ここに駒を進めてきた。4連勝でタイトル獲得となるか。陣営に意気込みを聞いた。

 ――仕切り直しの前走を制しました。

西園調教師 「1週スライドでも状態は良かったよ。あの位置からになった時は冷や汗をかいたけど、最後はまとめて差し切ってくれた」

 ――ダッシュがつかなかったのは?

「16頭立ての大外枠で、外に馬がいなかった。物見をして進んでいかなかったんだ。左回りも初めてだったしね。でも、逆に、どんな競馬でもできるのが分かった」

 ――この中間はどのように。

「放牧を挟んで、ここを目標に調整してきた(7月19日に帰厩)。2週前の日曜日に坂路4F52秒5。順調にきてる」

 ――先週木曜は坂路4F51秒8―12秒5。1馬身先着でした。

「新潟までの輸送があるから、1週前が本追い切りに。併せ馬でしっかりとやった。ラスト2Fが12秒0、12秒5。相変わらず動いているね。当週は53秒くらいで上がりを伸ばす予定」

 ――今度は距離が千八に延びます。

「大丈夫。操縦性のいい馬だからね。普段の調教でも2頭で行っても行きたがることはないんだ。ジョッキーも“距離はこなしてくれると思います”って」

 ――楽しみですね。

「ここで勝ってくれたら賞金的にも今後が楽になる。ホント、期待しているよ」

【レパードS登録馬】ダート 一八〇〇メートル

アヴァンセ    56津 村
アッシェンプッテル54城 戸
ヴァイトブリック 56戸 崎
エルモンストロ  56三 浦
カフジロッソ   56中 谷
ゲンパチルシファー56中 井
サトノギャロス  56川 島
デルマルーヴル  56吉田隼
トイガー     56宮 崎
ハヤブサナンデクン56大 野
ハヤヤッコ    56田 辺
ビルジキール   56内 田
ブラックウォーリア56国分恭
ブリッツェンシチー56北村宏
ブルベアイリーデ 56丸 山
フーズサイド   56武士沢
メスキータ    56――
リープリングスター56――
ロードリバーサル 56野 中
ワシントンテソーロ56木幡巧

■関連記事

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間