【宝塚記念】キセキ馬なりで11秒8

公開日:2019年6月19日 17:00 更新日:2019年6月19日 17:00

仕上がりは満点

体の張りツヤ厚み全てが大阪杯以上

 大阪杯で首差②着の後は放牧へ出されて、栗東に戻ったのは5月21日。翌々日には坂路で時計を出し始めるなど、中間は順調そのものだ。

 1週前追い切りはCウッドで6F84秒8―37秒5、1F11秒7。後半はペースを上げてびっしり負荷をかけた調整を施された。

 その先週のひと追い…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間