大阪本紙・弘中 こだわり◎

【大阪本紙・弘中の日曜小倉11R】

公開日:2019年8月3日 17:00 更新日:2019年8月3日 17:00

 メールドグラースの勢いはまだ止まらない。

 今年、メキメキと力をつけてきた。1月京都の時点では条件クラスの身だった。それがどうだ。開幕2日目の一千万下→尼崎Sを連勝でオープン入り。そして直後のGⅢ新潟大賞典は7番人気で一気差し。さらにGⅢ鳴尾記念は外、外を走ってなお上がり最速で1馬身半も抜け出す完勝。あっさり重賞V2を達成した。

「デビューから4戦連続で③着。素質はあるのに物見をしたりで集中力がなかった。それがブリンカーをつけてすぐに初勝利できた。その後もいろいろなジョッキーが競馬を教えてくれた効果ですね」は林厩務員だ。

 とりわけ大きいのは川田の存在だろう。昨年暮れの初タッグで②着からの2連勝。今年のJRAリーディングを独走中の名手が、メールドグラースの潜在能力を引き出すきっかけを与えたといってもいい。

 重賞の2戦は自身の騎乗停止や東京騎乗でその背をレーンに譲った。それだけに今回に期す思いは強いだろう。

 陣営も重賞V3へ、とても意欲的だ。

 宝塚記念を早々にパス。放牧で英気を養って7月11日に帰厩し、ここ2週はCウッドで併せ馬を消化した。僚馬に手応えは見劣ったが、これはご愛嬌。

「ケイコでは全力で走り切らないけど、馬は元気過ぎるぐらい」と調教パートナーの黒岩も問題なしをアピール。臨戦態勢はばっちり、完全に仕上がっている。

 斤量は54キロ→56キロときて、今回はトップハンデの57・5キロ。舞台は先行有利の芝。取り巻く条件は決して楽なものではない。しかし、このぐらいは克服しないと秋GⅠの楽しみが薄れるというものだ。

 展開に応じて自在に動けるタイプだし、ここは地力勝負でねじ伏せる。

弘中勝

弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間