【菊花賞】偉大な先輩たちに続くか ヴェロックス今度は“金”取る

公開日:2019年10月15日 17:00 更新日:2019年10月15日 17:00

 ヴェロックスが最後の1冠取りに挑む。

 今春は若駒S→若葉Sを連勝して皐月賞へ。直線では不利を受けながらサートゥルナーリアの頭差②着と激闘を演じた。

 続くダービーは7→7→8番手と進めて、前で運んだロジャーバローズ、ダノンキングリーのたたき合いから遅れた③着。春2冠は銀、銅メダルまで。

 夏場は放牧でリフレッシュ。秋は王道路線の神戸新聞杯から始動した。

 レースはサートゥルナーリアが2番手につけて、それを見ながら。勝負どころから一緒に動いたが、ラスト1Fで振り切られてしまった。

 最後は3馬身離されてゴール。とはいえ、自身の上がり3Fは32秒5。③着ワールドプレミアには1馬身4分の1差をつけており、内容は悪くない。

 猿橋助手は「前半が遅くて、しまいだけの競馬。その中でも脚は使っていた。力みはあったものの、折り合い面は許容範囲でした」と振り返る。

 中間は順調そのもの。 今月6日にCウッドで時計を出して、10日には6F81秒6―37秒8、1F11秒8。僚馬を5~6馬身、先に行かせて、きっちりと併入のフィニッシュだ。

「折り合い、反応を見ました。全体的に良かったですね。すぐに馬体は戻ったし、良化してると思います。この中間はダービーの時みたく調教量を増やしたけど、それも問題なくこれてます」

 もちろん、春2冠の銀、銅メダルは能力の証明。

 93年ビワハヤヒデ、13年エピファネイアは連続の銀。99年ナリタトップロード、16年サトノダイヤモンドは銅、銀。悔しい思いをした名馬たちがラスト1冠で最高の色のメダルを手に入れた。

 偉大な先輩たちに続きたい。

最新記事一覧

【動画】日曜の注目レースを大胆予想!

  • アクセスランキング
  • 週間