【フィリーズレビュー・アネモネS】トライアルで台頭した新種牡馬の子は層の厚い阪神JF組を負かせるか

公開日:2021年3月15日 17:00 更新日:2021年3月15日 17:00

フィリーズRを勝ったシゲルピンクルビーの父はモーリス

 桜花賞トライアルのフィリーズレビューを制したのはシゲルピンクルビー。初の重賞タイトルと同時に、本番の切符を掴んだ。

 こちらは前日の雨で渋った馬場も順調に回復して、昼すぎには稍重→良に。レースは激しい先行争いから前半3~5F33秒7―45秒2―56秒7のハイペースで進んだ。…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間