【金鯱賞】デアリングタクト敗れる 最低人気ギベオン逃げ切り

公開日:2021年3月14日 15:40 更新日:2021年3月14日 16:08

 14日(日)に中京で行われた古馬GⅡ「金鯱賞」は、10番人気ギベオンがマイペースの逃げ。直線も後続の追撃をギリギリしのぎ切って最下位人気でのV。18年の中日新聞杯以来となる重賞2勝目を挙げた。鞍上の西村淳はうれしい重賞初制覇。勝ち時計は2分1秒8。

 注目の1番人気デアリングタクトは中団追走から直線は外から猛追するも首差の②着まで。③着は6番人気のポタジェ。2番人気のグローリーヴェイズは④着だった。

 なお、配当は以下の通り。

単 勝⑤2万2730円
複 勝⑤1890円①110円⑩340円
枠 連①⑤1万2240円
馬 連①⑤1万3570円
馬 単⑤→①6万2050円
ワイド①⑤4260円⑤⑩1万6300円①⑩520円
3連複①⑤⑩3万4650円
3連単⑤①⑩78万3010円

(万全を期すため成績、払戻金等はJRA発行のものと照合してください)

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間