【中山牝馬S】不良馬場の大外を武豊ランブリングアレーが差し切り

公開日:2021年3月13日 16:01 更新日:2021年3月13日 16:03

 13日(土)に中山で行われたGⅢ中山牝馬Sは朝からの雨で不良馬場。そんな中、武豊騎乗のディープインパクト産駒のランブリングアレーが直線で大外に持ち出し、きっちりと鼻差差し切り勝ち。7番人気で、勝ち時計は1分54秒8も要した。

 ②着には果敢にハナを切った5番人気ロザムールが逃げ粘り、③着は昨年の勝ち馬で6番人気のフェアリーポルカ。1番人気に支持されたドナアトラエンテは⑨着だった。

 なお、配当は以下の通り。

単 勝⑬1110円
複 勝⑬400円⑪310円⑦290円
枠 連⑥⑦3170円
馬 連⑪⑬6440円
馬 単⑬⑪1万4310円
ワイド⑪⑬2080円⑦⑬1840円⑦⑪1320円
3連複⑦⑪⑬1万9250円
3連単⑬⑪⑦14万7950円

(万全を期すため成績、払戻金等はJRA発行のものと照合してください)

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間