2021クラシックへの道

シュネルマイスター「早来の厩舎長が『二千までなら』」

公開日:2021年3月6日 17:00 更新日:2021年3月7日 16:24

おとなしく賢い

 弥生賞は、2歳王者ダノンザキッドに2勝馬と1勝馬が挑む構図。その中で注目は、異色の血統背景を持つシュネルマイスターだ。ノーザンファーム事務局の宮本俊彦氏に聞いた。

「性格的におとなしく賢いタイプで、育成はとにかく順調でした。ただ、イヤリングを終えた段階では、馬体のフレームの…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間