データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

内枠不利だった中山の芝で見直せるのは

公開日:2021年1月26日 17:00 更新日:2021年1月26日 17:00

5馬身差の圧勝

 振り返れば、昨秋の中山開幕週から芝は少しこれまでとは違った。

 京成杯オータムHを連覇したトロワゼトワル。勝ち時計は千六1分33秒9で、一昨年より3秒6も遅かった。そして、グランアレグリアが直線一気を決めた最終週のスプリンターズSは千二1分8秒3。秋に移った00年以降、良馬…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

武田昌已

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間