【京成杯】意外にお手馬がいない!?グラティアスはルメールのクラシックパートナーになれるのか

公開日:2021年1月18日 17:00 更新日:2021年1月18日 19:32

2馬身半差の快勝

次走が試金石に

 京成杯を勝ったのはグラティアス。こちらは1番人気に応えて2連勝で初タイトルを掴んだ。

 先週のフェアリーS=ファインルージュに続いて、2週連続で重賞Vとなった鞍上のルメール。ただ、現3歳世代の牡馬では意外(?)にも確固たるお手馬がいないのが現状だ。

 重賞を勝ったのは千四…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間