【大阪杯】レース後の談話

公開日:2020年4月6日 17:00 更新日:2020年4月6日 18:31

①着ラッキーライラック(M・デムーロ騎手) GⅠを勝つことは気持ちいいです。いい勝ち方しました。前走が香港以来で思ったより反応が悪かった。今回は仕上がっていて集中していました。スタートも良く、思ったより前で運べて凄くうまくいきました。3~4角でハミを取り、抜群の手応え。牝馬ですけど、凄く男っぽい。性格も強いし、力もありますね。コロナウイルスでみんなしんどいですが、一生懸命頑張りましょう。

(松永幹調教師) スタートが決まったからね。自然といい位置にいけたのが大きかったと思う。直線は前があけば、と思っていた。精神的に強くなって、以前なら馬混みをこじあけてくる感じではなかったけど、去年の秋からできるように。これからもっと競馬をして、活躍してほしい。このくらいの距離で走ることになるかな。

②着クロノジェネシス
(北村友騎手) 外枠でしたけど、ポジション的に理想的な位置で競馬できたと思います。パドックではテンションが高いと聞いていましたが、乗ってからは落ち着いていました。道中もそこまで折り合いを欠くことなくリズム良く行けたと思います。抜け出してからしっかりと脚を使っているし、頑張っています。

(斉藤崇調教師) ポジションも良く、いい感じで進められたと思います。ただ、4角でステイフーリッシュ、ブラストワンピースが早めに動いて、動かざるを得なかった。その分負けた感じでした。上手に走れていたんですが……。

③着ダノンキングリー(横山典騎手) スタートが誤算だったね。こんなに出るとは思わなかった。結果的に流れが厳しくなり、ぴったりと来られてしまったからね。

④着カデナ(鮫島駿騎手) 今週からBコースになったし、土、日の競馬を見ててもインが伸びる馬場でしたからね。この枠でしたが、なるべく外を回らないように気をつけて乗りました。直線も手応え通りにしっかり伸びてくれたし、すごくいい内容だったと思います。

⑤着ワグネリアン(福永騎手) 落ち着きがあって、非常にいいコンディションでした。スタートもいつもより出てるくらいですが、隣のラッキーライラックが凄く速くて取りたい位置を取れなかった。持ち味を存分に発揮できない形になってしまって。残念だし、申し訳ないです。

⑥着ジナンボー(藤岡佑騎手) 先行有利の馬場なのでハナに行く馬の2番手で。強気に行ってたけど最後は力の差でしたね。いいチャレンジだったと思います。

⑦着ブラストワンピース(川田騎手) こういう流れになると予想はしてたし、位置を取りに行ったんですが、周りが速くて……。馬は精いっぱい頑張ってくれてます。

⑪着マカヒキ(ヒューイットソン騎手) ダービー馬に騎乗させてもらって、オーナーや関係者に感謝してます。一生懸命に走ってくれましたが、きょうのような硬い馬場は合わない感じでした。

⑫着ロードマイウェイ(武豊騎手) スタートが良くなくて。トモをヒネるような感じに。そのあとの走りも良く感じなかったね。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間