大谷のメイン縦横無尽

【大谷の土曜競馬コラム・日経賞】

公開日:2020年3月27日 17:00 更新日:2020年3月27日 17:00

中山金杯は勝ちに行く競馬で②着

 ウインイクシードの重賞初制覇にかける。

 3歳春には好メンバーが揃ったゆりかもめ賞で鼻差②着。早い時期から陣営の期待度は高かったが、体質的な弱さがあって出世が遅れていた。

 1年ぶりだった4歳夏の栗子特別でテッポウ勝ちすると、その後も間隔をあけながら無理をしない使われ方。…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

大谷剣市

大谷剣市

 44歳、B型の虎党。父が元専門紙の記者だったこともあり、競馬場デビューはベビーカーに乗っていた頃。本棚に競馬四季報が並ぶ恵まれた家庭環境で育った。アルバイトを経て2000年に入社。03年夏から美浦トレセンに通い始め、担当は堀、相沢、鈴木伸厩舎など。
 予想の基本スタンスは“いかに儲けるか”。当たり馬券を手にするために、取材で得た情報だけでなく、データ、馬場、展開、血統とありとあらゆる手段を駆使。人気馬のアラ探しより、一点突破の強力な武器を持つ伏兵を見つけることに血道を上げている。
 レース部きってのギャンブル好きで、オート、競輪、競艇と見境なく手を出して勝負勘を養っている。ポーカーは海外の大会で入賞経験もある腕前だ。趣味は祭り、プロ野球、相撲、アメフト観戦など多岐にわたる。ゴルフは典型的な下手の横好き。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間