【根岸S】ダート路線に6歳の新星モズアスコット次はプラス材料ばかり

公開日:2020年2月3日 17:00 更新日:2020年2月3日 17:00

 根岸Sはダート初挑戦のモズアスコットが差し切り。一昨年の安田記念以来、久々の勝利を挙げた。

 GⅠ馬のポテンシャルは計り知れなかったということか。スタートのタイミングが合わず、砂をかぶってリズムを崩すシーンも考えられた。しかし、ためらうことなく、グングン加速して中団の外へ。リカバリーは完璧で、理想的なポジションを取った。

 手応え良く4コーナーを回ると、力強い伸び。1番人気で連覇を狙っていたコパノキッキングを楽にとらえ、1馬身4分の1差の完勝だった。

「いい反応で、いつものように長く脚を使いました」とはルメール。路線変更が見事にはまった格好だ。

 もちろん、次なるターゲットはフェブラリーSで決まり。しかも、見通しはかなり明るい。舞台となる東京千六は芝スタートで、流れに乗りやすい。それから定量戦となるため、57キロでの出走に。

 さらに、相手関係も楽になりそう。サウジアラビアで新設された世界最高賞金額(①着1000万ドル=約11億円)のサウジCに、チャンピオンズC馬クリソベリル、GⅠ5勝(交流含む)のゴールドドリームが参戦。川崎記念を制したチュウワウィザードもドバイWCを目指しており、フェブラリーS連覇がかかっているインティが現時点で筆頭か。

「フェブラリーSも応援してください」

 鞍上の高らかな宣言により、一気に主役へ名乗り。ダート界に“新星”が誕生したのは言うまでもない。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間