【東海S】レース後の談話

公開日:2020年1月27日 17:00 更新日:2020年1月27日 17:00

①着エアアルマス(松山騎手) 砂をかぶらずもまれなければ強いので、スタートを決めていい位置で競馬をしようと考えていました。手応え良く直線を回って、しっかり勝ち切ってくれた。このメンバーを相手に強い内容だったし、今後が楽しみかな、と思います。芝でもいい馬だと感じていましたが、ダートでもいい走りをしてくれた。GⅠの舞台でもしっかり走ってくれると思います。

(池添学調教師) 松山騎手も2歳の頃から調教に乗ってくれてるし、特に指示は出してません。隊列も決まって、外から前に入られることもなかった。いい形で競馬ができました。武蔵野Sは砂をかぶったというのもありますが、左回りで2回とも結果を出せてない。次走はフェブラリーSを含めてこれから考えていきたいと思います。

②着ヴェンジェンス(幸騎手) 外枠でしたが、いつもより前めで競馬をしました。勝ち馬にいい展開だったと思うし、これだけやれるというところを見せてくれたと思いますが、悔しいですね。

③着インティ(武豊騎手) 勝てなかったのは残念だけど、中団で控えるレースができたのは収穫。いいレースはできたし、次につながる内容だったと思うよ。

④着アングライフェン(M・デムーロ騎手) よく走ってるけど、ペースが遅くてヨーイドンの競馬になったからね。この馬には厳しかった。

⑤着キングズガード(秋山騎手) だいぶハミを噛んでしまった。最後は伸びてるだけにもう少し流れてくれれば違った結果になったかも。

⑥着ヒストリーメイカー(畑端騎手) ペースが落ちたところで少しハミを噛みましたが、4角で窮屈になっても嫌気を差さず走ってくれた。こういった競馬は初めてだったし収穫がありました。

⑦着ヒロブレイブ(国分恭騎手) 展開を考えるとよく頑張ってくれたと思います。距離に幅がありそうですね。

⑧着モズアトラクション(藤岡康騎手) 脚は使ってくれましたが、流れも落ち着いてしまって。

⑮着スマハマ(藤岡佑騎手) 外の出方を見つつ楽にハナを切れました。ただ、4角では既に手応えが一息。この馬らしさがなかった。何事もなければいいですが。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間