【京都金杯】京都巧者サウンドキアラ重賞初V

公開日:2020年1月6日 17:00 更新日:2020年1月6日 17:00

明け5歳の初戦を飾った

今後は坂のあるコースの克服が鍵に

 京都金杯はサウンドキアラが差し切り。これがうれしい重賞初制覇である。

 大方の予想通り、マルターズアポジーが主導権を握る展開に。しかし、前半3F通過は34秒9。ペースが落ち着いて、得意とする瞬発力勝負になったのも勝因だろう。

 鞍上・松山のポジショニングも完璧といっていい。…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間