【カペラS】とうとうJRAの重賞も手にした菜七子 コパノキッキングと挑むチャンピオンズC組の厚い壁

公開日:2019年12月9日 17:00 更新日:2019年12月9日 17:06

 人馬ともに成長を感じさせる重賞勝ちだった。

 中山のGⅢカペラSは2番人気コパノキッキングが勝利。手綱を取った藤田菜七子はうれしいJRA重賞初Vとなった。

 それにしても、圧巻の強さである。

 テンから先手を奪う姿勢を取ったものの、他馬が速く、控えるかたちに。前半3F32秒9の超ハイペースを4番手追走。先行勢には苦しい展開ながらも直線は外からラスト1F12秒4(推定)の脚で②着馬に2馬身半差をつける完勝。しかも、58キロを背負い、良馬場としての勝ち時計、千二1分9秒3は史上2番目の快時計だから、単なる連覇ではなく、1年経ってさらにパワーアップしたと言ってもいい。

 実際、以前のように逃げたり直線一気という極端な競馬でなくても、この日のように砂をかぶったり、前に馬を置いても脆さを露呈することはなく、気性的な成長は見逃せない。

 鞍上も今年JRA42勝と着実に階段を上がり、馬主、厩舎関係者からの信頼を得てきている。人馬ともの成長を感じた一年だったろう。

 今後は来年のGⅠフェブラリーSあたりがターゲットか。今年2月は菜七子が騎乗して初のマイル戦で⑤着と健闘した。

 確かに先着を許した①②着馬インティとゴールドドリームは強い。好タイム決着だった先のGⅠチャンピオンズCでも③②着している。

 ただし、今年のフェブラリーSで③④着だった馬は引退しており、ノーチャンスではないのも明らか。いずれにしても、“チーム・キッキング”の快進撃はまだまだ止まらない。

■関連記事

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間