「9」の年は同色帽子が走る

公開日:2019年11月22日 17:00 更新日:2019年11月22日 17:00

 今年で39回目となるジャパンC。回数の下1ケタが「9」の年は、不思議と同じ色の帽子が走っている。次の通りだ。

◇89年9回 2枠
①着ホーリックス  9人
②着オグリキャップ 2人
◇99年19回 7枠
①着スペシャルウィーク2人
③着ハイライズ   7人
◇09年29回 3枠
①着ウオッカ    1人
③着レッドディザイア6人

 過去3回全て同枠の馬が馬券に絡んでいる。そして、いずれも人気サイドと伏兵の組み合わせ。

 89年は黒帽子2頭、オグリキャップとホーリックスが直線で激しいたたき合い。最後はホーリックスが首差しのいだ。勝ち時計2分22秒2は世界レコードで、枠連(2)(2)は6760円もついた。

 09年は3枠ウオッカがオウケンブルースリの追撃に鼻差勝ち。そして、③着には同じ赤帽子の3歳牝馬レッドディザイアが後方から鋭く追い込んだ。①②着が1、2番人気でも3連単1万1690円とおいしい配当に。

 今年も軸馬を決めたら同枠もマーク。こんな手があるかも。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間