【マイルCS】レース後の談話

公開日:2019年11月18日 17:00 更新日:2019年11月18日 17:00

①着インディチャンプ(池添騎手) 騎乗依頼の意味を分かっていましたし、しっかりと結果を出すことができてホッとしています。五分にスタートを決め、ポジションをしっかりと取りつつ、馬のリズムを大事に。斜め前のダノンプレミアムを見つつ、十分手応えがありましたし、抜け出すタイミングだけ。ソラを使う前に一気に行かせました。バッチリでしたね。春はブラストワンピースで大阪杯を勝てず、同じシルクレーシングさんから騎乗依頼をいただいた今回、結果を出すことができた。少しは恩返しができたかなと思います。

②着ダノンプレミアム(川田騎手) 予定していた通りの競馬はできました。いい内容で走ってくれています。勝つという結果が出せなかったことには申し訳ないと思っています。

中内田調教師 プレミアムの競馬はできました。雰囲気もよく、いい調教過程できただけに、負けたことは悔しさがあります。今後は馬の様子をみて決めたい。

③着ペルシアンナイト(マーフィー騎手) リズムよく運べました。3、4角で狭くなったところも大丈夫でしたし、本来の脚を使ってくれました。前に勝ち馬がいましたが差し切れませんでした。一生懸命に走ってくれていますよ。

④着マイスタイル(田中勝騎手) このメンバーなら押し出されるだろうなと。何でもできる馬だし、その通りになったので行かせて。道中もいい感じだったけど、欲を言えば直線で併せる形になっていれば、もっと頑張れたと思う。

⑤着ダノンキングリー(横山典騎手) 思い描いたところで競馬できたけどね。直線もあとははじけるだけだったけど、最後にもうワンパンチくるところがなかった。初めての遠征、京都だし、まだ若い。その辺もあったのかな。馬は凄くいいから、あとは経験だけ。頑張ったと思う。

⑥着カテドラル(武豊騎手) ゲートは出たし、道中の折り合いもついて理想的な競馬はできた。最後もすごい脚で伸びてきたけど、ゴール前の不利が痛かった。でも、走る馬だね。

⑦着クリノガウディー(藤岡佑騎手) 緩い流れは想定してたし、勝ちを意識できる位置で運ぼうと思ってた。上位と瞬発力の差が出たけど来年が楽しみになるような競馬はできたと思います。

⑩着ダイアトニック(スミヨン騎手) 内枠がほしいと思っていたけど、外枠で。外差しの馬場ではあったけど、みんな外に出てくるからね。ただ、前走ほど伸びなかった。距離なのか、疲れなのか、展開的に脚がたまらなかったのか。止まっているわけではないので距離という感じではないかな。

⑯着アルアイン(ムーア騎手) 前につけたかったけど、いいスタートを切れなかったし、道中もついていけなかった。最後は4角でぶつけられて勢いもなくなった。結果的に千六は少し忙しい印象でした。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間