高田秋の馬人旨酒

福永騎手の去年のダービー大胆騎乗は目に焼き付いています

公開日:2019年8月24日 17:00 更新日:2019年8月24日 17:00

 先週の札幌記念、勝ったブラストワンピースは、狭い所からよく抜け出してきました。強い勝ち方でしたね~。凱旋門賞が楽しみになるレースぶりでした。

 私は、札幌記念の前の10レース、「大通公園特別」を的中しました。推していたスマートセラヴィーが①着! 馬連で2210円つきました。エッヘン! 

 札幌記念はGⅠ馬4頭が出走する豪華な顔ぶれでしたが、今回は④着のワグネリアンに騎乗した福永騎手のお話です。言わずもがな、去年のダービー馬です。皐月賞は馬場が合わなかったのか1番人気で⑦着敗退。ダービーでは、17番枠も嫌われて5番人気でした。

 ですが、ゲートが開いた瞬間、前へ。福永騎手は、あの大舞台で“差し馬”のワグネリアンを道中4、5番手に導き、直線難なく抜け出し3歳馬の頂点に立ちました。念願のダービージョッキーとなって涙したあの姿は、忘れられません。親子2代制覇です。カッコいいですよね~。

 今年は目下、73勝を挙げ全国リーディング4位。サマージョッキーズシリーズでも、札幌記念勝ちでポイントを加算した川田騎手に抜かれたものの、2位につけています。おおいに頼りになる騎手のひとりです。

 福永騎手は、栗東トレセンがある滋賀県出身。今回は滋賀の銘酒の中から「不老泉」を飲んでみました。

 まずはひと口。オッ、これはアルコール度数が高そうな味がします。やはり、17度。さすが、原酒。水で調整してないだけあって、“お酒”って感じがします。

 しかも参年熟成って書いてある。たしかに深みがあるのがよく分かります。日本酒は味や香味で4つに分類されます。コクのある醇酒、熟成タイプの熟酒、爽やか系の爽酒、フルーティーな薫酒です。コレは味が濃くて香りもある熟酒です。

 今日はヒヤでいただいてますが、熱燗にすると香りが高くなって、また、味があるんじゃないかしら。ツマミはチーズとかが合いそう。たまには、こんなタイプをチョイスするのもいいですね。

※9月22日に私のファンイベントがあります。応募方法とチケット購入は【http://r-t.jp/shu_takada】まで。

■今週のお酒「不老泉(ふろうせん)/参年熟成原酒/山廃仕込純米酒」(720ミリリットル、1671円・税込み)。蔵元は、滋賀県高島市にある上原酒造。都内で探した結果、新橋駅から徒歩約6分のオシャレな地酒専門店「朧(おぼろ)酒店」で購入。

高田秋

高田秋

1991年9月23日生まれ。北海道江別市出身。モデル、タレント。毎週土曜の「BSイレブン競馬中継」=正午~(第1部)/16時~(第2部)でアシスタントMCを。毎週水曜の「ザ・ヒットスタジオ」(MBSラジオ、25時~)レギュラー出演中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間