【英GⅠインターナショナルS・新谷の見解】キングオブコメディ=シュヴァルグラン本線

公開日:2019年8月21日 12:00 更新日:2019年8月21日 12:50

 実績をいえばクリスタルオーシャン。ただし、前走の“キングジョージ”が怪物牝馬エネイブルとの激闘に。反動もあるとみて、◎はキングオブコメディ。

 前走のセントジェームズパレスSは②着も、重賞初挑戦がGⅠで、テン乗りの鞍上カービーが大事に乗り過ぎた感があった。その結果、伸びてはいたものの、展開のアヤで早め先頭のサーカスマキシマスをとらえ切れなかった形だ。2戦2勝とこの馬の脚の使いどころを熟知しているデットーリへの手戻り。GⅠ戴冠があっていい。

新谷学

新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間