馬体がヒント

今年も牝馬の勢いが止まらない

公開日:2019年8月10日 17:00 更新日:2019年8月10日 17:00

昨年の関屋記念を制したプリモシーンも牝馬

「夏は、牝馬」といわれます。「牝馬は、牡馬より体温調整がうまい」ということはよく耳にしますが、本当の理由はよく分かりません。

 その真相はともかく、夏に牝馬が好走するのは事実です。昨年の関屋記念は、3歳牝馬のプリモシーンが勝ったほか、②③着も牝馬でした。

 先週土日の3場で行…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

秋山忠一

秋山忠一

1951年6月17日、香川出身。74年3月2日デビュー、同年7月20日シュンサクオーザで初勝利。81年タマツバキ記念、81、82年アラブ王冠、87年ウインターS(GⅢ)など通算216勝。80年まで所属していた小林稔厩舎では、85年宝塚記念に勝ったスズカコバン、96年ダービー馬のフサイチコンコルド、92年エリザベス女王杯Vのタケノベルベットの調教も担当。91年2月引退。佐藤正雄厩舎で調教助手を務める。2016年定年により引退。秋山真一郎騎手は長男。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間