高田秋の馬人旨酒

七夕賞で重賞初制覇 菊沢騎手は伯父さんとどんな話を?

公開日:2019年8月3日 17:00 更新日:2019年8月3日 17:00

菊沢一樹騎手 純米吟醸郷の誉白ラベル

 ディープインパクトが亡くなりました。彼の現役時代を知らない私にとっては、ダービー馬のワグネリアンやマカヒキのお父さんのイメージが強いです。ご冥福をお祈りします。

 さて、猛暑の中、馬券の調子はいかがですか?

 私は絶不調です。先週土曜日は小倉のメイン、フィールドセンスを馬連の軸にして⑤着。日曜日はやはり小倉の佐世保ステークスで勝負。ラベンダーヴァレイの単勝馬券を握り締め、“勝った~”と思った瞬間、大外から矢のようにエイシンデネブが飛んできてクビ差の②着……。女神に見放されてますね。

 今週はデビュー4年目の菊沢一樹騎手。ミッキースワローで重賞初制覇した福島の七夕賞はお見事でした。外からまくって横綱相撲の完勝。“強い競馬”が印象的で次のレースが楽しみです。今年の成績は、【7、11、9、235】。2年目に20勝を挙げたことを考えると、重賞を制覇した勢いで後半戦は頑張ってほしいです。

 菊沢騎手は、母親のお兄さんが横山(典弘)騎手ですよね。七夕賞でも伯父さんと同じレースに騎乗していたけど、どんな話をするんでしょうね。いつも気になっています。普段だって、そう。ほら、父親に相談できないことでも、伯父、伯母の方が話しやすいことってあるでしょう。菊沢騎手はどうかしら。チャンスがあったら聞いてみたいですね。

 その菊沢騎手は茨城県生まれ。今回は茨城の酒の中から「郷乃誉 白ラベル」をチョイスしてみました。

 アッ、この香りは生酒ですね。味はスッと軽い。スイスイいける日本酒です。後味は日本酒の香りがバ~ッと広がるけれど、しつこさはない。花火みたいな感じかしら。

 無ろ過の純米大吟醸酒か。精米歩合は50%ですって。え? もっと磨いてるかと思った。この伝承古法本仕込みって造り方に秘密があるのかしら。甘からず辛からず。米のいい部分だけを使ってクセがないお酒になってる。個人的には大好きな味です。

■今週のお酒
「純米大吟醸 郷乃誉 白ラベル」(720ミリリットル。1728円、税込み)。醸造元は茨城県笠間市の「須藤本家㈱」。東京・銀座1丁目にある茨城県のアンテナショップ「IBARAKI sense」で在庫確認の上、購入。

高田秋

高田秋

1991年9月23日生まれ。北海道江別市出身。モデル、タレント。毎週土曜の「BSイレブン競馬中継」=正午~(第1部)/16時~(第2部)でアシスタントMCを。毎週水曜の「ザ・ヒットスタジオ」(MBSラジオ、25時~)レギュラー出演中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間