木津の見解

【日曜札幌12R・大倉山特別】木津の見解と厳選!厩舎の本音

公開日:2019年7月27日 17:00 更新日:2019年7月27日 17:00

 カフジキングの軸は揺るがない。ダート〈316910〉と勝ちみに遅い半面、どんな局面でも馬券圏内に来るのは心強い。前走も逃げた勝ち馬のペースで運ばれたが、きっちりと②着を確保。千七は〈2200〉、さらに堅実さを増す舞台だ。

【厳選!厩舎の本音】

カフジキング
 山本調教助手 放…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

木津信之

木津信之

「ベガはベガでもホクトベガ!」
 93年エリザベス女王杯でホクトベガが①着でゴールに飛び込んだ瞬間の実況です。当時、浪人生でフラフラしていた自分にとっては衝撃的であり、今でも予想の根底に根付いています。
 ベガはバリバリの良血馬で鞍上が武豊。牝馬3冠にリーチをかけていました。対して、ホクトベガは父がダート血統でベテランの加藤和を配したいぶし銀のコンビ。春2冠でベガに大きく後塵を拝したホクトベガに勝ち目はなさそうでしたが、見事にリベンジ。この“逆転劇”こそが競馬の醍醐味ではないでしょうか。
 かつて作家の寺山修司氏は「競馬が人生の比喩なのではない、人生が競馬の比喩なのである」と評したそう。馬も人も生きている間はいつかの大逆転を狙っています。雑草でもエリートを超えるチャンスはあるはずと、きょうもトレセンを奔走しています。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間