高田秋の馬人旨酒

石橋脩騎手 江戸開城 純米吟醸

公開日:2019年6月29日 17:00 更新日:2019年6月29日 17:00

 宝塚記念、私の大好きなリスグラシューが優勝しました。GⅠ馬が何頭もいる中での紅一点。強豪牡馬を蹴散らしてのぶっちぎりV。レーン騎手の積極策も功を奏しました。皆さん、応援、ありがとう~。

 私が彼女を応援するきっかけとなったのは、名前が同じ“シュー”だったから。この話は以前しましたね。実はジョッキーにも“シュウ”さんがいて、それだけで親近感が湧きます。そう、美浦の石橋脩騎手です。

 先週まで、【35、26、20、20、23、136】の成績で、全国リーディング12位。外国人ジョッキーに交じっての35勝は立派。2003年デビューの35歳です。

 今年はシャケトラに騎乗しAJCC(GⅡ)を勝ち、GⅠ馬ラッキーライラック(牝4)とのコンビも印象的。個人的には人気薄の馬を人気以上に走らせる、そんなイメージが強いですね。だって、AJCCのシャケトラは7番人気、ラッキーライラックが中山記念で②着したときは6番人気。どちらも人気薄でした。スゴイですよね~。

 ひょうが降って、延期になった5月のプリンシパルSでは、5番人気のザダルに騎乗し①着! 職人肌というか、私が“頼りになるお兄ちゃん”って思う気持ち、わかるでしょ。これからも応援しますので、夏のローカル開催も頑張ってください。

 さて、今回は、石橋騎手が東京出身なので、東京の「江戸開城」を飲んでみました。

 まずは、ひと口……。うん、辛口でドライな感じ。精米歩合は60%か。サッパリ系でキンキンに冷やしておいしいお酒ですね。これからの季節はオススメですよ。今日のオツマミは、津軽海峡で採れたフジツボ。初めて見た~。カニっぽい食感でダシの効いた甘さが、このお酒に合う~。

 醸造元は東京・港区か。都心のど真ん中ですね。へえ~、ビルの中でお酒を造っているんですって。こんな蔵元があるんだ。珍しい、ビックリ~。忘れられないですね。

■今週のお酒「江戸開城(夏酒)」(純米吟醸/原酒、720ミリリットル、2052円=税込み)。醸造元は、港区芝にある「㈱若松 東京港醸造」。今回は取扱店のひとつ、JR亀戸駅下車、「はせがわ酒店」で在庫確認の上、購入。

高田秋

高田秋

1991年9月23日生まれ。北海道江別市出身。モデル、タレント。毎週土曜の「BSイレブン競馬中継」=正午~(第1部)/16時~(第2部)でアシスタントMCを。毎週水曜の「ザ・ヒットスタジオ」(MBSラジオ、25時~)レギュラー出演中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間