【函館スプリントS】レース後の談話

公開日:2019年6月17日 17:00 更新日:2019年6月17日 17:00

①着カイザーメランジェ(江田照騎手) 行く馬がいなかったし、この馬のスピードを生かすために小細工せずに。自分のペースでいい流れでしたね。道中、リラックスしてくれたので、最後はいっぱいになりながらも頑張ってくれました。

②着アスターペガサス(小崎騎手) 力むところがあったせいか、勝負どころでの反応が鈍かったですね。勝ち馬とはそこで離された分の差でしょう。やはり千二は合いますね。古馬相手でもやれますよ。

③着タワーオブロンドン(レーン騎手) 普通のスタートは切れました。千二なので最初からペースは速かったですが、ついていけないということはなかったです。58キロや湿った馬場を気にしたところもなかったですよ。ただ、直線で前走ほどの反応がなかったです。

④着ダイメイフジ(松岡騎手) やはり道悪が合いませんでしたね。返し馬からノメっていましたから。それでも、最後まで頑張ってくれましたよ。

⑤着ペイシャフェリシタ(岩田騎手) 道中は完璧やったんやけどなあ。3~4コーナーもいい感じ。なのに追ってからがもうひとつ。最後も反応してくれなかった。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間