【函館スプリントS】同型不在で楽々とハナに行ったカイザーメランジェ

公開日:2019年6月17日 17:00 更新日:2019年6月17日 17:00

 函館で行われた「サマースプリントシリーズ」第1弾の函館スプリントSを勝ったのは5番人気のカイザーメランジェだった。

 1番人気に推されたのはタワーオブロンドン。薬物騒動の影響があって“目の上のタンコブ”的なダノンスマッシュをはじめ、6頭が競走除外になって7頭立て。出走メンバーでは実績上、明らかに抜けた存在で、単勝1・8倍の断トツ人気も納得だった。

 だが、この少頭数が結局、不利に働くのだから競馬は分からない。

 カイザーメランジェが先手を取ると、この頭数で競る馬もおらず、“稍重”とはいえ、前半3F34秒4。9Rの平場1勝クラスが34秒8だから重賞とはとても思えないペースで、函館スプリントSとしては歴代で最も遅い流れに。こうなると実績上位でも苦しくなってしまう。

断トツ人気タワーオブロンドンは届かず③着

 結果、逃げたカイザーメランジェが粘り切り、外から差し込んだタワーオブロンドンはラスト3F33秒5の脚でも③着どまりだった。

 まさに少頭数になったからこそ、展開に大きく左右された一戦。薬物騒動に泣いたタワー、笑ったカイザーといったところだったか。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間