【エプソムC】レース後の談話

公開日:2019年6月10日 17:00 更新日:2019年6月10日 17:00

①着レイエンダ(ルメール騎手) きょうは凄くスタートが良くて、いいポジションが取れました。道中は冷静に走ってくれて、いい反応。最後、速い脚を使いました。軟らかい馬場は心配だったけど、スローだったので、最後まで力がありました。前走の結果を受けてチークピーシズを着用。全然違いました。100%で走ってくれました。(GⅡやGⅠ?) 絶対に行ける。血統や能力は凄くいいですから。

②着サラキア(丸山騎手) スタートが速かったですね。周りを見ても他馬に行くそぶりがなかったんでハナヘ。馬場のいいところを選んで、直線も最後までしぶとかったですが、きょうは勝った馬が強かったです。右手前の持続性に課題があるんで、そこが改善されれば牝馬限定の重賞くらいは勝てますよ。

③着ソーグリッタリング(浜中騎手) 目標を置いて競馬をしたかったんです。ちょうどレイエンダを前に見ながら運べたし、道中はいい感じでした。ただ、きょうはあまりにペースが遅かったですからね。この馬場でここまで上がりが速いとさすがに厳しいです。

④着ショウナンバッハ(吉田豊騎手) 脚は使ってますが、このペースなんで、仕方なかったですね。こういう馬場は上手じゃないと聞いていたんですけど、大丈夫でした。

⑤着ブレスジャーニー(戸崎騎手) 雨馬場は悪くないと思って、直線は内に進路を。結果的には少し早めに動いた分、最後は止まってしまいましたね。

⑥着プロディガルサン(レーン騎手) 特に馬場は問題なかった。きょうはペースが一番。“ド”スローのヨーイドンでは、この馬の脚は見せられず、向いていませんでした。

⑦着アンノートル(柴田大騎手) 頑張って走ってくれてますが、流れの問題でしょうか。ペースが遅すぎました。それにこの馬には、もう少し早くから雨が降ってくれた方がよかったです。

⑩着ミッキースワロー(菊沢調教師) もともと展開に左右されやすい馬なんでね。前残りのペースだったし、それに緩い馬場も気にしてたかな。きょうは仕方ない。

⑫着ダノンキングダム(三浦騎手) 馬場というしかないですね。きれいな走りをするんでどうかな、とは思ってたんですよ。実際、返し馬からハミの取り方が甘かったし、レースではハミに頼るような走りでした。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間