【日本ダービー】レース後の談話

公開日:2019年5月27日 17:00 更新日:2019年5月27日 17:00

①着ロジャーバローズ(浜中騎手) ビックリしてます。最後は必死で追いました。勝ったかどうか、分かりませんでした。普段のレースだったら自信を持って分かるんですけど。ヨーイドンになると分が悪いので、なし崩しに脚を使わせるような流れに持ち込みたいと思っていました。理想通りの展開になりましたね。後ろは待たず、差されたら仕方ないと、早め早めに追い出しました。“早くゴールが来い”と思いましたね。最後まで一生懸命走り尽くしてくれました。

②着ダノンキングリー(戸崎騎手) 馬の雰囲気はダービー仕様でした。返し馬、道中とゆったり走れていたし、距離も問題なかったです。思うように運べたし、あそこまでいったんで悔しいですね。最後はちょっとした乗り方だったかな。

③着ヴェロックス(川田騎手) すごくいい雰囲気で競馬を迎えられたし、全力のレースをしてくれました。目標としてたサートゥルナーリアは逆転できたんですが。

④着サートゥルナーリア(レーン騎手) 返し馬まではすごく良かったんだけどね。ゲートに着いて時間が経ったら、緊張してテンションが上がってしまった。中に入ってからもガタガタして。一度、落ち着いてくれたけど、潜った時にちょうど扉があいて出遅れてしまった。理想のポジションより後ろになったし、前との距離を測りながら早めに仕掛けざるを得なくて……。

⑤着ニシノデイジー(勝浦騎手) この距離はいいですね。折り合ってスムーズに運べました。直線はグーンとは伸びなかったけど、最後にもうひと踏ん張りしてくれた。頑張ってくれましたよ。

⑥着クラージュゲリエ(三浦騎手) 勝ちにいく競馬で最後までよく頑張りました。初距離もあったし、時計も速かったですからね。

⑦着ランフォザローゼス(福永騎手) フットワークが良くて、4角も手応えがあったけど。これから良くなる馬だから。

⑧着レッドジェニアル(酒井騎手) ゲートがあく寸前でトモを落として出負け。直線は内にモタれてましたが、その中でも伸びてくれました。

⑨着タガノディアマンテ(田辺騎手) 1、2角で右に逃げるところがありました。内枠なら壁をつくれたけど……。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間