勝羽太郎 情報ノート

【日曜新潟11R・韋駄天S】鮫島駿が「アイビスSDに一緒に出たい」ライオンボス◎

公開日:2019年5月18日 17:00 更新日:2019年5月18日 17:00

 波乱なのか、平穏なのか。オークスの鍵は、一にも二にも桜花賞組が握る。経験値で桜組が優位なのは百も承知。ただし、今年の世代、特に2歳GⅠから王道路線を歩んできた馬たちの印象は常に“距離が延びていい馬は少ない”だった。

 1強の形で幕を閉じた1冠目から、負け組にレベルの面でも疑問…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

勝羽太郎

勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間