新谷式レースレート 数字が走る

【オークス】ラヴズオンリーユー戴冠

公開日:2019年5月18日 17:00 更新日:2019年5月19日 16:38

今年は忘れな草賞勝ち馬の出番

 前走レートの上位5頭はこうなる。

 ラヴズオンリーユー113
 コントラチェック 113
 クロノジェネシス 112
 ダノンファンタジー112
 シゲルピンクダイヤ111

 オークスの主力といえば桜花賞組。例年、レート比較でもその上位入線馬が高く出る傾向があるが、今年の桜花賞は終わってみればグランアレグリア1強の決着。上位入線馬とはいえども、言い訳のできない完敗で、レートもそう高くない。

 逆に他路線の勝ち馬でハイレートだったのがフラワーCであり、忘れな草賞。本命はラヴズオンリーユーでいく。

 忘れな草賞はまさに圧巻だった。残り3Fからレースラップが後半最速11秒5と全体が加速している中、外回りで進出。そして最後までノーステッキで楽々と突き抜けてみせた。ゴールでは3馬身差。競り合いにもならなかったほどだ。

 忘れな草賞は桜花賞出走がならなかった馬にとっては、勝つことのみがオークスへ向けてのラストチケット。各馬がガチンコで勝ちにくるレースで、この3馬身差は記録上も優秀だ。過去に忘れな草賞勝ち→オークス制覇は4頭。直近ではミッキークイーン、エリンコートらの着差を上回り、チョウカイキャロル(4馬身差)に次ぐものだ。

 そんな高性能牝馬に東京の長い直線は、瞬発力増幅がイメージできる舞台。無傷の4連勝で戴冠とみた。

【新潟11R・韋駄天S】 前走レート最高値の◎レジーナフォルテでオークスへの資金稼ぎだ。

 その前走は3カ月ぶりでもスピードはさすが。首差だけ負けたのは久々の分だろう。直線競馬はGⅢアイビスSDでも③④着の巧者。たたき2走目のここは決める。

新谷学

新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間