マリナ くノ一的中術

【オークス】勢い一番ウィクトーリア混戦を断つ

公開日:2019年5月18日 17:00 更新日:2019年5月18日 17:00

 先週のヴィクトリアマイルは本命がまさかのしんがり負け……。あらためて競馬の厳しさを思い知らされました。ただ、ありがたいことに今週も牝馬の大一番ということで、センター面を任されました。気を取り直してビシッと仕留めます!

 今年は桜花賞馬グランアレグリアが不在で、混戦ムードが漂う。過去の傾向的にはやはり桜花賞組が優勢だが、出走頭数の差を考慮すればフローラS組の健闘も光る。本命はその勝ち馬ウィクトーリアだ。

 前走はスタート直後に隣の馬と接触して、後ろからの競馬に。無理に前に出さず、道中は中団後方。直線は残り300メートルで前があくと、上がり最速となる33秒2の切れ味でゴール前きっちり差し切った。

 本来なら逃げたかったところを差しのスタイルでも勝てることを証明。初めての二千四百メートルを走るにあたって、この自在性は大きなアドバンテージになる。

 追い切りでも好調ぶりがうかがえる。直前は戸崎が自らまたがり、ウッドの併せ馬で半マイル52秒0―38秒0、1F12秒8。直線で馬体を併せると、追われている僚馬を尻目に持ったままで抜け出して1馬身先着。迫力満点の動きで“A”評価だ。

 調教後の馬体重も466キロの発表で、中3週でも馬体減りはなし。トライアルVの勢いに乗って戴冠へ。

 相手本線クロノジェネシスは桜花賞で②着とタイム差なしの③着。大外から飛んできた末脚をここでも。

 ▲は忘れな草賞で3馬身千切って3連勝中のラヴズオンリーユー。穴なら武藤とのコンビで〈2020〉と必ず好走している「注」ジョディーだ。

マリナ

マリナ

馬好きが高じて競馬記者に。「マリナ くノ一的中術」のコラムを担当。牝馬限定、障害、若手騎手戦などのコアなレースに目がない偏食系女子。馬への愛は誰にも負けない。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間