【ヴィクトリアマイル】レース後の談話

公開日:2019年5月13日 17:00 更新日:2019年5月13日 17:00

①着ノームコア(レーン騎手) 好スタートを切れて、走る馬の後ろのいいポジションを取ることができました。マークとまでは言いませんが、ラッキーライラックの後ろにつけたのはレース前にイメージがあった。手応えが良くて直線に向くまで自信がありましたが、スペースができるかどうかが心配で。でも、うまくあきました。展開もぴったり合って強い競馬ができた。自分にとって初めて海外GⅠを勝つことができて興奮してます。

②着プリモシーン(福永騎手) ゲートは五分に出られたし、ある程度、やりたい競馬ができた。最後まで諦めずに頑張ってくれたからね。この馬も同じ時計で走って、これ以上ないくらいに頑張ってくれたけど……。残念です。

③着クロコスミア(戸崎騎手) センスある馬ですね。内枠で競馬がしやすかったし、最後までジリジリと踏ん張ってくれました。ゴール前は差し返すところも見せてくれましたからね。マイルでも大丈夫でした。

④着ラッキーライラック(石橋騎手) テンに出してからペースを見て、決めようと。速いのは分かっていた。でも、あれ以上は下げられないし、満を持して追い出したんですけど……。

⑤着アエロリット(菊沢調教師) きょうの競馬はこの馬にいい刺激になったのでは。自分で引っ張ってこの時計ですからね。ためていっても、のタイプ。力は発揮できたと思います。

⑧着ミッキーチャーム(川田騎手) 輸送をクリアして、いい状態で競馬に臨めました。ただ、あまりにも時計が速すぎました。

⑨着ソウルスターリング(武豊騎手) 雰囲気、道中の感じと良かったですよ。ただ、このタイムではねえ。それでも復調の兆しは感じました。

⑩着レッツゴードンキ(岩田騎手) 折り合い重視でしまいから。脚は使ってくれたけど……。

⑪着レッドオルガ(北村友騎手) 時計が速すぎました。テンからタフな流れで、直線向いたら余力がありませんでした。

⑫着デンコウアンジュ(柴田善騎手) 一番嫌な馬場だった。時計を持ってないからね。脚は使ったけど……。

⑮着フロンテアクイーン(三浦騎手) 内に潜りたかったけど、外枠だったので……。ついていくのに精いっぱいでした。

⑱着カンタービレ(M・デムーロ騎手) 返し馬は落ち着いてたし、雰囲気は良かった。でも、直線では走りがバラバラになってしまった。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間