亀井記者の血統ロックオン

【ヴィクトリアマイル】アエロリット スピードで圧倒だ

公開日:2019年5月11日 17:00 更新日:2019年5月11日 17:00

 血統馬券の亀井記者は先週のNHKマイルCで3連単41万680円、馬単2万2440円のビッグ馬券をピタリと仕留めた。東京GⅠシリーズ第2弾も任せろ。

【ヴィクトリアマイル】

 東京マイルならアエロリットで勝てる。

 ホエールキャプチャ、カレンチャン、スリープレスナイトなど、クロフネ牝馬には短距離~マイルでの成功例が多い。この馬も東京千六はNHKマイルC勝ちを含み〈1201〉の好成績だ。

 唯一④着と連対を逃したのが昨年のここ。当時は苦手の雨馬場で持ち味を生かし切れなかった。

 実際、上位3頭の血統をみると傾向がはっきりする。

①着ジュールポレール

(ディープインパクト×エリシオ)

②着リスグラシュー

(ハーツクライ×アメリカンポスト)

③着レッドアヴァンセ

(ディープインパクト×ダンシングブレーヴ)

 母の父はすべて欧州のスタミナ型。これは見た目以上にタフな馬場になっていた証拠。スピード馬に不向きな馬場で0秒1差は、むしろ地力の高さの証明でもある。

高速馬場なら鬼に金棒

 逆に、良馬場で行われた15、16年を振り返ると、ともに1分31秒台の高速決着。連覇を達成したストレイトガールは父フジキセキ×母の父タイキシャトルのスピード配合。スプリントGⅠ勝ちもある快速馬だった。

 今開催の東京芝も時計が出るコンディション。週末は雨の心配もなく、今週も時計は速くなるだろう。それならスピードタイプの出番だ。

 アエロリットは昨年の安田記念では1分31秒3で首差②着。母系にはヌレイエフの血も入っており、時計勝負は望むところ。ベスト舞台で牝馬同士なら負けられない。

 相手もスピード勝負に強い配合馬を重視する。

 ○はプリモシーン。ディープ産駒で母の父ファストネットロックは豪州リーディングサイアーにも輝いた名スプリンター。母系は短距離王国の豪州血統らしくスピード豊富な血筋だけに強力なライバル候補だ。▲アマルフィコーストは父ダイワメジャーで、母ジプシーハイウェイが仏7F重賞の②着馬。〈2432〉の堅実タイプでもあり、穴で押さえる。

亀井辰之介

亀井辰之介

メーンレースまでの稼ぎ場をあらゆる角度から徹底的にリサーチ。ピックアップした推奨レースに鋭い視点で切り込んでタマを何倍にも増やしていく西のスナイパー。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間