負けない競馬 薮中泰人の馬券塾

【NHKマイルC】アドマイヤマーズ朝日杯の再現だ

公開日:2019年5月4日 17:00 更新日:2019年5月4日 17:00

令和も任せろ

 この道四十数年の大ベテラン、薮中記者は昭和の時代から競馬を見続けてきた。そして、先週の天皇賞をズバリで平成を締めくくり。もちろん、令和初っパナも任せろ。

たくましさが加わって完成形に

 今春もルメールのGⅠジャックが始まっている。先週も春の天皇賞を制して目下、実施機会3連勝中。NHKマイルCの騎乗馬は桜花賞馬のグランアレグリア。4連勝も十分なコンビだ。

 対して、リズムが悪いのがM・デムーロ。GⅠ勝ちがまだないどころか、今年の6戦は⑩⑯⑪⑬④④着。すべて人気を下回る体たらく。

 特に近2走のレースぶりは不満だらけ。皐月賞のアドマイヤマーズは勝負どころで踏み遅れて④着。春天のエタリオウはまさかの最後方からの競馬。勝つための戦略だったのだろうが、展開の読みが外れていた。

 このリズムの悪さを思えば今週も“いらない”とすべきだが、そうできないのがM・デムーロという乗り役。昨秋もGⅠで勝てない競馬が続いたあと、師走競馬でGⅠ3勝の固め打ち。一気の逆襲があるジョッキーだ。

 NHKマイルCの騎乗馬はアドマイヤマーズ。マイル路線組より能力が高いクラシック組で、2歳の牡馬チャンピオン。“ふつう”に走れば勝てる馬である。

 現実に昨暮れの朝日杯FSではグランアレグリアを負かしており、そのレース内容も完璧だった。4角↓直線入り口でまくり上げ、ボートレースでいう“ツケマイ”でライバルを屠った。

 外からの押圧を受けたグランはひるんでラチ沿いまでささり、連対を外す③着まで沈んだ。ここでもそのライバルが前で立ち回る。レースの組み立ては楽であり、戦法にも迷いはないハズ。

 好位から直線入り口ではもう並んでいるか。すなわち朝日杯の再現。それができるのがマイル戦のマーズだ。

3連単は頭固定で勝負

 4連勝のあと今年の2戦は②④着だが、早熟とするには当たらない。馬体は2歳時よりたくましさを加えており、むしろ完成域に入っている。

 友道厩舎の管理馬で期待を裏切った近2走。今度こそ渾身騎乗でGⅠをもぎ取る。

 馬券は単勝、馬連を買って、勝負は3連単。グランは連対外しもあるとみて、頭固定で流す。

薮中泰人

薮中泰人

 大学3年の秋にこの業界へ。飽きっぽい性格で、何をしても長続きしなかったが競馬は合ったのだろう。50年近くも居座っている。
 ゲンダイ大阪には創刊から参加し、本紙予想を30年近く担当。自慢になるのでヒット作には触れないが、挙げれば、とてもこの欄には収まらないだろう。
 絶好調時はメンバーを見ただけで勝ち馬が浮かぶほどだったが、それだけ材料も集めたし、競馬に集中していたのだと思う。「閃き」があり「勘」もさえていた。
 いまも予想スタイルは当時と変わらないが、競馬を取り巻く環境は著しく変化している。流れに取り残されないように老骨にムチを打つ日々だ。新鮮さがあるから苦痛ではないが……。
 栗東トレセンへは今も毎週通うが、調教を見るのが何より楽しい。この分野の進化も止まらないからだ。それと、やっぱり馬という生き物が好きなんですね。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間