東京本紙・外山 攻め一直線

【NHKマイルC】伏兵カテドラルが突っ込んで高配当

公開日:2019年5月3日 17:00 更新日:2019年5月3日 17:00

 桜花賞のグランアレグリアは強かったが、あまりにもスンナリした競馬だった。
 前半3Fは過去10年で3番目に遅い35秒4。楽な入りから後半はスピードを前面に出したレース運びで、その速さは評価できる。ただ、真後ろにいた1番人気ダノンファンタジーのマークは甘く最初から最後まで自分のリズムで走れていた。

 今回はアドマイヤマーズに代表されるように、名(ダービー)を捨て実を取りにきた牡馬多数のガチンコ勝負だ。緩みのない流れの中、1番人気のここはプレッシャーも相当にきつい。実際、朝日杯FSでは直線入り口でマーズにびったり寄せられ、内にもたれて伸びを欠いて③着に。

 ◎は激流、さらには長い直線を利すカテドラルでいく。2歳秋の野路菊Sでは、のちの皐月賞②着ヴェロックスを完封した実力馬だ。

 その後は行きたがる面を出して東スポ杯2歳S↓京成杯で惨敗したが、マイル路線に切り替えたアーリントンCでは差しに転じて②着猛追。V字曲線で急浮上してきた。

 直線では進路探しに手間取り、まともに追えたのはラスト1F。それでもメンバー最速の33秒3で首差まで突っ込んだ脚は強烈なインパクトを残した。

 あの脚はここでも十分通用する。令和初のGⅠは波乱でスタートだ。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間