負けない競馬 薮中泰人の馬券塾

【天皇賞】天才フィエールマン頭勝負 前走時とは雲泥の差の仕上げ

公開日:2019年4月27日 17:00 更新日:2019年4月27日 17:00

 08年以来の少ない頭数。平成の最後を飾るにはメンバーレベルも物足りないか。特に5歳以上の古馬陣は層が薄い。今年の盾路線を振り返っても、活躍が目立ったのは昨年の菊花賞組だ。

 グローリーヴェイズ、ユーキャンスマイル、メイショウテッコンが重賞を勝ち、フィエールマン、エタリオウが②着。今年は4歳勢の上位独占も十分だろう。

 中でも◎は唯一のGⅠホース、フィエールマン。菊花賞に続く2つ目の長距離GⅠをゲットする。

 始動戦のアメリカJCCは②着に敗れた。しかし、当時の仕上げを思えば、よくぞ好走できた感が強い。というのも、年明けに熱発。そのため2週前追い切りができなかった。いわば突貫工事的な仕上げで、並の馬なら惨敗もあり得た調整過程だ。

 それがレースでは、直線で先に抜け出したシャケトラに頭差まで迫った。キャリア4戦、それも休み明けで菊花賞を制した天才ランナーはやっぱり違う。ケタ違いの能力の持ち主である。

 前走時とは仕上げも雲泥の差、万全の態勢は今回だ。2週前追い切りで65秒台の速い時計が出せ、その後の2週も過不足ない併走追い。仕上がった証拠に今週などラスト1Fは余裕しゃくしゃく、おつりを残すほどだった。

 年明けに使えたのも大きく、菊花賞と比べると臨戦過程も断然、今回の方がいい。その菊花賞はスローで流れたとはいえ、10秒7―11秒3のレース上がりを4角6番手から差し切った。体質も強くなった今年は1Fからいち早く抜け出す。

 馬券は頭固定の3連単で勝負。フォーメーションの②着欄は同じ4歳馬のエタリオウ、メイショウテッコン。さらにクリンチャーも加えたい。ここ2週で急激な良化を見せた5歳馬で、丸みある馬体は絶好調時の姿だ。

薮中泰人

薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間