木津のジョッキー直撃!

【日曜東京11R・フローラS】松岡 ウインゼノビアに「先が楽しみになるような走りを」

公開日:2019年4月20日 17:00 更新日:2019年4月20日 17:00

 “ウイン”の冠名がつく馬と松岡の縁は深いものがある。
 
 松岡が初めて重賞を勝ったのは05年ダイヤモンドSのウイングランツ。14年にはウインマーレライでラジオNIKKEI賞を奪取した。
 
 ウインブライトは「じっくり育てれば大物になる」と進言。重賞5勝(17年=スプリングS、福島記念、18年=中山記念、19年=中山記念、中山金杯)とその言を体現させた。そして、来週28日に行われる香港のクイーンエリザベスⅡ世Cで国際GⅠへ挑戦するまでに。
 
 信頼関係がしっかり構築されているからこそ、デキの良し悪しをはっきりと伝え、ベストのパフォーマンスを発揮できるように導くことができるのだ。
 
フローラSに出走するウインゼノビアもまさしくそう。当初の予定を度々スライド、万全の体調が整うのを待って、出走にGOサインを出した。

――今年の初戦は3月10日のアネモネSを予定していました。
松岡騎手「帰厩してからなかなか調子が上がってこなくて。もう1週待ってフラワーCも考えたんですが、思い通りにいかなかったので、(ウインの)社長、青木先生と相談して、いったん楽させてから、もう一回立ち上げようということにしました」

――だから3月半ばはプール調教が中心になったんですね。今月に入ってからコースでの追い切りを再開。今週は併せ馬で先着しました。
「先週、長めからしっかりやった(ウッド6F83秒0―38秒1、1F12秒8)ので、今週はリズムを整える程度でしたが、反応が良かったですね。先週の疲れがあるか、反動があるか、というのもチェックポイント。問題なかったですよ」

――2カ月待った甲斐がありましたね。
「ホントですよ(笑い)。目先よりもどういう競馬をさせていきたいか、個性をどう伸ばしていくかが大事ですからね」

――膨らむ期待のほどを。
「絶対に負けないと思っていたクローバー賞に比べれば正直、85%ぐらいかな。でも、これぐらいでトライアルはクリアしてくれないと(笑い)。モタれる面はハミをトライアビットに替えることで対処したし、牝馬同士なら重賞でも十分やれるセンスと能力はある。先が楽しみになるような走りを見せられたらと思っています」

木津信之

木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間