鬼才・橘 万券アタック

【日曜京都11R・マイラーズC】グァンチャーレ狙い撃つ

公開日:2019年4月20日 17:00 更新日:2019年4月20日 17:00

少頭数でも穴党に出番あり

 今年はこれまで平地重賞で10頭立て以下は5鞍あった。

 そのうち人気サイドで上位を占めたのは3人→1人→4人の共同通信杯(7頭)だけ。きさらぎ賞(8頭)は3人→6人→7人、クイーンC(9頭)は1人→2人→7人、ダイヤモンドS(10頭)は1人→8人→3人、弥生賞(10頭)は8人→6人→4人。伏兵が1~2頭は好走。きさらぎ賞は14万、弥生賞は45万の3連単ビッグ馬券が飛び出している。

 ここも堅くは収まらない。穴党に出番あり。

  ◇  ◇  ◇

 ◎はグァンチャーレ。

 3歳初っパナのシンザン記念勝ち。その後は勝ち切れず、4歳夏に準オープンに降級。秋に復帰を果たしたものの、それからまた白星から遠ざかってしまった。

 重賞、オープンで14戦して②着5回、③着4回、着外5回……。それが昨秋にキャピタルSでタワーオブロンドンを首差しりぞけて、前走の洛陽Sも楽に押し切り。2走前の京都金杯⑥着でも内から抜け出しかける場面があり、内容は悪くない。

 鳴海助手に変身について聞くと、こんな答えが返ってきた。

「7歳でも今が一番強さを感じるほど。普段の調整を見ていても、気持ちが若い。若い頃はそれで競馬で安定しなかったけど、今はむしろいい方に出ていますね」

 早くにタイトルを獲得した素質馬がようやく開花したのだ。

 中間も元気いっぱい。

 先週のCウッド6F77秒4―37秒8、1F12秒7に続いて、今週は坂路4F50秒9―12秒1。超抜の動きを見せている。

「先週はあのペースで行っても、しまいまでしっかり。ジョッキーも好感触と聞いてます。今週も軽めの馬場とはいえ、よく動いた。ええ、状態はいいと思います」

 京都マイルは前記のシンザン記念、洛陽S勝ちと最高の舞台。前走に続く池添とは〈1200〉と相性がいい。

 アッと言わせる条件は揃った。

橘正信

橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間