大阪本紙・弘中 こだわり◎

【日曜京都11R・マイラーズC】マイル戦も大歓迎 主役はダノンプレミアム

公開日:2019年4月20日 17:00 更新日:2019年4月20日 17:00

 10頭立てと寂しい頭数になったが、ケイアイノーテック、ダノンプレミアムにモズアスコットのGⅠ馬3頭に加えて、前走重賞勝ちのインディチャンプ、パクスアメリカーナの参戦。実にハイレベルなメンバー構成だ。

 そんな中、主役指名はダノンプレミアム。

 昨年のダービー⑥着以来、9カ月半ぶりだった前走のGⅡ金鯱賞では、実力をまざまざと見せつけた。ロケットスタートから他馬を先に行かせて3番手のイン。道中は虎視眈々と構えて、4角手前で先行2頭の外へ。

 この時点で勝負あり。直線は鋭く反応して先頭に躍り出ると、一気にゴールを駆け抜けている。

 他馬に並びかける隙を与えない立ち回りと決定力。あらためてポテンシャルの高さを見せつける内容だった。

 前走から距離が2F短縮するマイル戦はこれまで2戦2勝。GⅠ朝日杯FSはゴール前を流して1分33秒3で勝利。ちなみに阪神マイルの2歳戦でこれより速いタイムで走ったのは新装阪神の06年、阪神JF①着ウオッカ、同タイム②着アストンマーチャンの2頭しかいない。久々のマイル戦にも不安は全くない。

 最終追い切りはCウッドで川田を背に1F11秒4を馬なりでマークし、順調さをアピール。GⅡ連勝でGⅠ安田記念へ駒を進める。

 相手本線は同じ中内田厩舎のパクスアメリカーナを指名。昨年は左回りで内にささる癖が見られた。安田記念よりもここが勝負か。「休養前より走りのバランスが良くなった。こっちも状態はいいです」とは猿橋助手だ。

 京都マイルは内回りを含めて4戦3勝。ダノンの敵は身内にいる!?

弘中勝

弘中勝

「タイトル“こだわり◎”に決まったから」と。関西の最終レースが主戦場から本紙担当になる際のタイトル変更だった。“こだわり”だ。考えてみれば、同じ馬に◎を打ち続けるケースは多い方かも。レース内容に取材の感触。穴で◎を打ち、次走で無印にできるほど情の薄い性格ではないし、印に多少の上下はつけても納得できるまで追いかけたい性分ではある。ストーカー気質?闇深い性格は会社にバレてるようです。
 競馬内容はもちろん、タイミングが合えばレース直後の調教師やスタッフ、ジョッキーの表情などをチェック。そこを踏まえての中間取材。そして予想作業でいろいろと考える。当たれば“閃き”、外れたら“妄想”になる。すいません。ご迷惑かけてます。たまに△◎や◎無印での決着で外れなど“惜しい”パターンも多い。生まれ育った某県民性ゆえかもしれません。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間