大阪本紙・弘中 こだわり◎

【日曜京都11R・マイラーズC】マイル戦も大歓迎 主役はダノンプレミアム

公開日:2019年4月20日 17:00 更新日:2019年4月20日 17:00

 10頭立てと寂しい頭数になったが、ケイアイノーテック、ダノンプレミアムにモズアスコットのGⅠ馬3頭に加えて、前走重賞勝ちのインディチャンプ、パクスアメリカーナの参戦。実にハイレベルなメンバー構成だ。

 そんな中、主役指名はダノンプレミアム。

 昨年のダービー⑥着以来、9カ月半ぶりだった前走のGⅡ金鯱賞では、実力をまざまざと見せつけた。ロケットスタートから他馬を先に行かせて3番手のイン。道中は虎視眈々と構えて、4角手前で先行2頭の外へ。

 この時点で勝負あり。直線は鋭く反応して先頭に躍り出ると、一気にゴールを駆け抜けている。

 他馬に並びかける隙を与えない立ち回りと決定力。あらためてポテンシャルの高さを見せつける内容だった。

 前走から距離が2F短縮するマイル戦はこれまで2戦2勝。GⅠ朝日杯FSはゴール前を流して1分33秒3で勝利。ちなみに阪神マイルの2歳戦でこれより速いタイムで走ったのは新装阪神の06年、阪神JF①着ウオッカ、同タイム②着アストンマーチャンの2頭しかいない。久々のマイル戦にも不安は全くない。

 最終追い切りはCウッドで川田を背に1F11秒4を馬なりでマークし、順調さをアピール。GⅡ連勝でGⅠ安田記念へ駒を進める。

 相手本線は同じ中内田厩舎のパクスアメリカーナを指名。昨年は左回りで内にささる癖が見られた。安田記念よりもここが勝負か。「休養前より走りのバランスが良くなった。こっちも状態はいいです」とは猿橋助手だ。

 京都マイルは内回りを含めて4戦3勝。ダノンの敵は身内にいる!?

弘中勝

弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間