東京本紙・外山 攻め一直線

【日曜東京11R・フローラS】フォークテイル混戦に断

公開日:2019年4月20日 17:00 更新日:2019年4月20日 17:00

東京二千でパフォーマンスアップ

 フォークテイル◎。その確かな差し脚で混戦を断つ。

 東京マイルの新馬戦は大外18番。枠なりに振り回す距離ロスのある展開となったが、ねじ伏せるように抜け出すと②着に2馬身差をつけた。

 2戦目、若竹賞はヒシイグアスの逃げ切りを許したが、やはりその末脚は見どころ十分。直線入り口ではスプリングS⑤着馬にいったん突き放され、残り1Fでは3馬身離れた3番手。そこから中山の急坂をグイグイ伸びて首差まで猛追した。

 少々エンジンがかりの遅い面もあるだけに、1F延長は間違いなく好材料。そして、その堅実な差し脚は東京でこそだ。

 ステイヤーズS3勝馬アルバートの妹が樫切符をゲットする。

外山勲

外山勲

 1968年生まれ。87年有馬記念、メジロデュレン=ユーワジェームスで決まった枠連(4)(4)1万6300円が競馬との出合いです。以降、どっぷりとこの世界にはまり込みました。
 91年入社。ダービーで言えばトウカイテイオーの年です。キャリアは30年に。
 予想は取材の感触とレース内容を重視。13年秋に東京本紙になってからは、後者に重きを置くようになってきました。レース&パトロールビデオ見まくりで予想に精を出す日々です。
 馬券は単、複、枠連のみの時代から買っていることもあって、オーソドックスに単勝&馬単、馬連の2連系までが多いですね。3連単は自信がある時に頭固定で、というパターンです。
 本紙だけにまずは的中が一番の使命でも、儲けて終わらなければ意味がない。回収率重視で頑張っています。人気薄の◎にも、ぜひ注目してください。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間