東京本紙・外山 攻め一直線

【土曜中山11R・中山グランドJ】オジュウチョウサン大記録達成

公開日:2019年4月12日 17:00 更新日:2019年4月12日 17:00

大障害6勝&史上初の同一重賞4連覇

 障害の絶対王者オジュウチョウサンがGⅠの舞台に帰ってきた。

 昨年のこのレース後は平地に挑戦。有馬記念の⑨着健闘でファンに夢と希望を与えてみせた。

 そして今春。障害に戻ってもチャレンジは続く。今回はJRA史上初の同一重賞4連覇の偉業に挑む。

 ステップレースの前走、阪神スプリングJは「次の本番を見据えた仕上げ」(長沼厩務員)。約1年ぶりの障害だっただけに飛越ミスも散見したが、結果はタイセイドリームに2馬身半差の完勝である。あらためて能力の違いを見せつけた。

 もちろん、ひとたたきされた今回は能力全開。大障害コース単独トップの6勝目で、名実ともに障害界の頂点を極める。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間