大阪本紙・弘中 こだわり◎

【土曜阪神11R・アーリントンC】フォッサマグナ重賞初Vへ

公開日:2019年4月12日 17:00 更新日:2019年4月12日 17:00

藤沢和厩舎=ルメールが主役

 桜花賞はグランアレグリアが圧倒的な強さで勝利した。その藤沢和厩舎=ルメールの強力タッグは今週もフォッサマグナで重賞制覇といく。

 インパクト大の走りはデビュー戦。道中10番手から直線で圧巻の末脚を発揮だ。ノーステッキで上がり3F33秒7は次位を1秒0も上回ったからレベルが違ったし、並ぶ間もなく差し切った②着馬がランスオブプラーナ(皐月賞出走)というのも値打ちである。

 前走は中山マイルの外枠(8枠14番)から正攻法の競馬でV。ゴール前の急坂でライバルを一気に突き放した内容から、阪神コースも問題なし。2連勝で一気に重賞制覇といく。

 相手本線はトオヤリトセイト。デビューから3戦連続で上がり最速の末脚。外回りコースはいかにもフィットしそうだ。

弘中勝

弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間