平成競馬の裏と表

【平成17・18年】ルメールの初GⅠ制覇と“2年間でGⅠ9勝”金子時代の到来

公開日:2019年4月10日 17:00 更新日:2019年4月10日 17:00

 17、18年の競馬はディープインパクト一色。

 17年は3歳馬で3冠を達成した年。翌年は凱旋門賞に遠征し、現地でも大いに注目されたが、3位で入線。後日、規制薬物の検出により失格となったことは競馬関係者、ファンに大きな衝撃を与えた。

 ディープの敗戦はこの凱旋門賞と、3歳時の有馬記念②着。「きょうは飛ぶような走りではなかった。普通に走ってしまった」とは武豊。だれもが勝つと信じていたディープの不発により、レース後は一瞬、静寂の時が流れた。

 勝ったのはハーツクライ、鞍上はルメール。それまで後方からレースを進めていたハーツで、思い切った先行策。残り200メートルで先頭に立ち、ディープの追撃を半馬身振り切る大金星だった。

 ルメールはこれが日本でのGⅠ初優勝。いや、正確に言うと重賞Vもこれが初めてだ。

 ハーツは武豊、横山典、安藤勝といった名手いずれもが末脚を生かすレースをしていた。ルメールは2度目の騎乗だったジャパンCで後方から追い込んで②着に終わったことで、次の有馬記念で思い切った作戦変更。さらに翌年のドバイシーマクラシックでは逃げの手に出て4馬身4分の1差の圧勝。一気にルメールの腕がクローズアップされていく。

 一方、ディープは4歳初戦に阪神大賞典をチョイスし、初の稍重も難なく克服して快勝。続く天皇賞・春ではマヤノトップガンの記録を1秒も短縮する、三千二百メートル3分13秒4というスーパーレコードをマークした。

 差し、追い込みのイメージが強いが、実際は残り800メートルあたりからスパート。4コーナーでは毎回、前を射程圏内に入れている。その中、このレースは生涯で唯一、4角先頭。長距離を走ってなおかつ上がり4F44秒8、3F33秒5をマークしたのだから、怪物といわれたのも当然だ。

 凱旋門賞から帰国後のジャパンC、有馬記念も制したディープは通算でGⅠを7勝。オーナーの金子真人氏は“砂のディープ”ことカネヒキリも所有しており、この2年間でGⅠを9勝。また、18年にはユートピアでGⅡゴドルフィンマイルを制した。まさにこの頃は“金子時代”である。  
  (水、木曜掲載)

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間