負けない競馬 薮中泰人の馬券塾

【桜花賞】ダノンファンタジー単不動

公開日:2019年4月6日 17:00 更新日:2019年4月6日 17:00

 昨年6月から始まった2歳戦。幕開け新馬はいきなり衝撃が走った。マイル戦の勝ち時計は驚きの1分33秒6だった。

 勝ったグランアレグリア、②着ダノンファンタジーは素質の高さそのままに桜花賞へ駒を進めたが、2頭の評価は今や逆転した。◎は2戦目から負けなしの4連勝を飾ったファンタジーだ。

 ファンタジーの弱点は激しい気性。今回も1週前追い切りは前半で引っ掛かり、6F77秒9の猛時計になった。反動を心配したのだが、まったくの杞憂に終わった。馬体に硬さがなく、むしろ伸びやかなフォーム。芝コースで追われた最終追いも実に軽快だった。

 攻め馬で掛かっても実戦では折り合うのがファンタジーの良さ。特に前走のチューリップ賞では好位で流れに乗った。こんなレースができたのなら、桜本番は鞍上も自信を持って乗れるはず。不動の◎評価だ。

 一方、グランアレグリアは暮れの朝日杯FSからぶっつけの日程。その割に攻め過程が地味なのが心配だ。外から馬体を併せられると内へささった前走の直線。精神面のダメージもあるか。△まで評価を下げる。

 馬券は頭固定の3連単で勝負。フォーメーションの②着欄は3頭を厳選した。

薮中泰人

薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間