【桜花賞】クロノジェネシス馬なりで1F11秒7の切れ味

公開日:2019年4月3日 17:00 更新日:2019年4月3日 17:00

相手を圧倒

武器をさらに磨いた

 2月東京のクイーンCを勝った後はノーザンファームしがらきへ放牧。栗東へは3月14日に戻って以降は順調に過ごしてきた。

 20日にCウッドの単走で時計を出して1週前の27日は古馬との併せ馬。6F83秒0―38秒4、1F11秒8と軽快なフットワークを披露して今週に備えていた。…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間