【桜花賞】シェーングランツ前進の予感

公開日:2019年4月3日 17:00 更新日:2019年4月3日 17:00

反応がシャープに(手前)

在厩でしっかり負荷をかけて反撃態勢

 年明け初戦のチューリップ賞は末脚不発の⑤着に終わったが、たたき2戦目の今回は反撃態勢が整いつつある。

 中間は在厩調整で、13日に坂路で15―15を消化した。そこからは徐々にピッチを上げて、ウッド中心に。1週前は古馬オープンのレッドゲルニカを追走併入で5F66秒5―38秒2…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間